1. トップページ
  2. 学生生活
  3. 学生サポート:学生相談

学生生活STUDENT LIFE

学生相談窓口一覧

「悩み事」や「困った事」ができたときは、以下の相談窓口を利用してください。

工学部・知的財産学部/大宮キャンパス

相談窓口 主な相談内容 相談場所等
学生課 何でも相談
(ハラスメント相談含)
学生課(7号館2階)
TEL.06-6954-4651
E-mail OIT.Gakusei@josho.ac.jp
教員 工:学生担当委員 学業
進路
大学生活等
各教員室等
知:学生担当委員
1年次ゼミ指導教員
学生相談室
心理カウンセラー(予約制)
対人関係
性格の悩み
心の相談等
学生相談室(2号館1階保健室奥)
【予約方法】学生課にて予約(窓口もしくはTEL.06-6954-4651)
または相談予約カードで申し込む (保健室前の相談室ポストに投函)
心療内科医 心の健康等 保健室(2号館1階)
TEL.06-6954-4034
E-mail:OIT.Hoken@josho.ac.jp
保健室 健康に関すること

ロボティクス&デザイン工学部/梅田キャンパス

相談窓口 主な相談内容 相談場所等
ロボティクス&デザイン工学部事務室 何でも相談
(ハラスメント相談含)
ロボティクス&デザイン工学部事務室(7階)
TEL.06-6147-6830
E-mail OIT.Umeda@josho.ac.jp
学生担当委員
(学生相談担当〈教員〉)
学業
進路
大学生活等
各教員室等
学生相談室
心理カウンセラー(予約制)
対人関係
性格の悩み
心の相談等
学生相談室(4階保健室内)
【予約方法】保健室(学生相談室)もしくはロボティクス&デザイン工学部事務室の窓口にて申し込む。電話受付可。
保健室TEL.06-6147-6156
ロボティクス&デザイン工学部事務室TEL.06-6147-6830
保健室 健康に関すること 保健室(4階)
TEL.06-6147-6156

情報科学部/枚方キャンパス

相談窓口 主な相談内容 相談場所等
情報科学部事務室 何でも相談
(ハラスメント相談含)
情報科学部事務室内(1号館1階)
TEL.072-866-5301
E-mail OIT.ibu@josho.ac.jp
学生担当委員
(学生相談担当〈教員〉)
学業
進路
大学生活等
各教員室等
学生相談室
心理カウンセラー (予約制)
対人関係
性格の悩み
心の相談等
学生相談室(1号館1階保健室内)
【予約方法】保健室(学生相談室)もしくは情報科学部事務室の窓口にて申し込む。電話受付可。
保健室TEL 072-866-5329
情報科学部事務室TEL.072-866-5301
保健室 健康に関すること 保健室(1号館1階)
TEL.072-866-5329

ハラスメントの相談

キャンパス内で、ハラスメントの被害を受けた・見かけた時は、すぐに相談窓口に連絡し、以下の対応をしてください。

ハラスメントの被害を受けたら

  1. すぐに、相談窓口に相談する。
  2. 自分を責めない。
  3. 「嫌だ」という意思表示をする。
  4. 被害状況の記録を必ず残す。

ハラスメントを見かけたら

  1. その場で注意する。
  2. 被害者に、相談窓口に行くようすすめる(一人で行きにくい場合は同行する)。
  3. 被害者の相談にのり、精神的にサポートする。

障がいのある学生への支援

本学では障がいのある学生が平等に教育を受け、充実した学生生活を過ごせるように関係部署が連携して支援しています。以下を参考にして、相談窓口へ相談してください。

障がいとは?

視覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由、内部障がい、発達障がい、精神障がい、その他の障がい(障がいの認定を受けていない場合も相談できます)

本学での支援例

授業担当教員への配慮希望事項の伝達、試験時の配慮

支援を受けるためには

原則として、学生本人からの申し出により、支援に関する相談が始まります。下記の相談窓口へ相談の予約を取ってください。

相談した後の流れ

学生本人と話し合いながら。障がいの状況により必要な支援について検討し、学内で支援が行われるように調査を行っていきます。

相談窓口

キャンパス(学部等) 場所
大宮キャンパス(工学部・同研究科、知的財産学部・同研究科) 学生部学生課(大宮キャンパス7号館2階)
梅田キャンパス(ロボティクス&デザイン工学部・同研究科) ロボティクス&デザイン工学部事務室(7階)
枚方キャンパス(情報科学部・同研究科) 情報科学部事務室(1号館1階)

ご相談等をご希望の方は障がいのある学生への支援・相談フォームをご利用ください。

ページの上部へ

大阪工業大学