1. トップページ
  2. 学生生活
  3. 学生サポート:AED(自動体外式除細動器)設置場所について

学生生活

AED(自動体外式除細動器)設置場所について

AED(自動体外式除細動器)とは、突然の心停止の際に出現する心室細動(心臓が細かく震え、心臓本来のポンプ機能を果たさない状態)に、電気ショックを与え心臓を正常な状態に回復させる装置です。心臓停止からの生存率は3分で50%と早急な対処が必要なため、一般市民にもAEDの使用が認められています。いざというときに、その場に居合わせたあなたが友人の命を救うことになるかもしれません。
現在、大阪工業大学では、学内に20台のAEDを設置しています。

設置場所

大宮キャンパス

  • 総合体育館 1階 体育館事務室(2台)
  • 2号館 1階 保健室
  • 3号館 1階 エントランスホール
  • 6号館 15階 エレベータホール
  • 7号館 1階 エントランスホール
  • 7号館 2階 学生課
  • 10号館 1階 エントランスホール
  • 10号館 8階 応用化学科事務室付近
  • 東学舎 1号館1階 西側出入口
  • 常翔歴史館1階 エレベータホール

梅田キャンパス

  • 19階 エレベーターホール
  • 12階 エレベーターホール
  • 7階 エレベーターホール
  • 4階 保健室
  • 3階 ホワイエ
  • 1階 受付横

枚方キャンパス

  • クラブハウス2
  • 1号館 1階 防災センター(2台)

八幡工学実験場

  • 構造実験棟

ページの上部へ

大阪工業大学